大同工機のプラント用レベルゲージ「反射式液面計」の構造図、寸法表、材質表、用途・導入事例、資料ダウンロードなど
HOME
採用情報
お問い合わせ
サイトマップ
Global site
大同工機株式会社トップページ > レベルゲージ > 反射式液面計

反射式液面計

反射式液面計 RU-B【反射式液面計 RU-B】

反射式液面計は本体・ガラス・カバーをUボルトにより締付けられて完全に機密を保って居ります。

これは、ガラスの接触面(片面)につけられた数条の溝による光線のプリズムの屈折作用で、気体部は光が反射して白く、液体部は光が吸収されて黒く現われ、透明の液体でも液位を明確に視ることができます。

仕様条件により低圧、中圧、高圧等最適のものを使用し、接液部の材質も炭素鋼、ステンレス鋼等広く製作しております。なおこのRU型は軽量で長可視用にも適しておりまた廉価である等多くの利点をもっております。

ゲージバルブには、緊急遮断用のボールチャッキ弁が内蔵されています。

反射式液面計
ページ上部へ
広液室式液面計 RU-B/LC
【広液室式液面計 RU-B/LC】
  • 液通り部分を広くした(広液室)モデル(ノズルと液室部を同サイズにすることもできます)
  • 泡立つ沸騰性液、高粘度の液、粘着性がある液などに最適
  • 反射式、透視式の両形状を製作
  • 炭素鋼、ステンレス鋼(各種)、その他の材質での製作も可能
  • 低圧、中圧、高圧用まで設計、製作
  • 腐食液体(アルカリ性)にも対応可能
    ・アクリル樹脂
ページ上部へ
ライニング式液面計 RU-B/L
【ライニング式液面計 RU-B/L】
  • 接液部を各種使用条件でライニングしたモデル
    (天然硬質ゴムライニング、テフロンライニング、グラスライニングなど)
  • 反射式、透視式の両形状を製作
  • ゲージパルブ(上下)、ドレンバルブもライニング品を使用
    (バルブはライニングができるダイヤフラム弁となります)
  • 腐食液体(アルカリ性)にも対応可能
    マイカー(雲母)、テフロンシート、アクリル樹脂
ページ上部へ
広液室式液面計 RU-B/HC
【ジャケット式液面計 RU-B/HC】
  • 加熟、冷却用ジャケット付モデル
    凝縮性の液体はスチームで加熱し、沸騰性の液体には水で冷却
  • 反射式、透視式の両形状を製作
  • 各種の材質に対応
    ・炭素鋼
    ・ステンレス鋼(SUS304、SUS316、SUS316L)、その他
  • 低圧、中圧、高圧用まで設計、製作可能
ページ上部へ

その他

【目盛板】

液位の監視や確認をしやすくするために、目盛り板を取付けることができます。材質はステンレス鋼(SUS304)とアクリルがあり、等間隔(1cm)の目盛が標準となります。ご要望により文字、数字などの刻印もしています。

目盛板
【支柱金具】
支柱金具

取付中心距離が長いものは、液面計全体 が重くなり、自重や撓みなどによって故障の原因となります。支持金具を1〜2ヶ所取り付けて使用することがあります。

【保護カバー】
保護カバー

ガラスを外的衝撃より保護するもので、プレート式と金網式があり共にキャップタイプの取付方法が標準です。プレート式には蝶番で付けて扉タイプのものもあります。

材質:ステンレス(SUS304)

【アクリルウインドウ】
アクリルウインドウ

低温域度(0℃以下)の使用ではガラス面に霜や氷が付着し液を見ることが困難となります。このような場合にガラス外面に取付けると内部を明瞭に見ることができます。ご使用される保温材の厚みから最適な高さのものをお選びください。

ページ上部へ

材質表

使用条件により選択されますが、標準材質は下表によります。

反射式液面計 ステンレス鋼管製(304、304L、316、316L)
ライニング製(グラスライニング、ゴムライニング、各種テフロンコーティング)
鋼材製(SS400、S25C)
ページ上部へ

主な用途・導入事例

化学工業、石油精製工業の急速な発展により、液面計の需要も著しく増加し、またこれらに使用されている液体の物理的、化学的性質も複雑多岐を極め、液面計は温度、圧力、腐蝕性等過酷な使用条件に適合した高度の耐久性が要求されてきました。これ等塔槽設備の液面位の監視装置として欠くことのできない重要な機器であり、またその良否はプラント全般の機能を左右するとまで言われております。

当社はこのような重要な液面計の専門メーカーとして、新鋭設備の増強と長年の経験を結集した加工技術とによってつくられた製品は、今後も貴社のプラントの性能向上と合理化に大いに役立たせて頂けることと確信しております。

何卒ご御用命の程よろしくお願い申し上げます。

ページ上部へ

資料・カタログの無料ダウンロード

反射式液面計 製品説明資料
PDF ファイル(866KB)
(PDF ファイルをご覧いただくには、Adobe Reader が必要です。)
ページ上部へ

この製品に関するよくある質問

Q1:温度条件によるガラスの選定
A1:(1)硬質強化ガラス     :最大180℃
(2)パイレックス強化ガラス:最大260℃
※ガラスの熱衝撃値(急激な温度変化)は120℃で、
一般的には(1)〜(2)の種類のガラスを多く使用しています。
ただここで注意して欲しい点は、ガラスはアルカリ系水溶液には、不適性である為
この場合は内面テフロンコーティング又はマイカー(雲母)をセットした状態にて使用しています。
注意点
  1. ガラスは酸に強くアルカリに弱い性質があります。アルカリ系水溶液でご使用される場合は、内面テフロンコーティング又はマイカー(雲母)シートをセットして下さい。
  2. 蒸気又は高温ドレン等にご使用の場合は、マイカー(雲母)シートをセットするだけでガラスの摩耗を防止することができます。
Q2:消防法適用に対しては、どのようにしてますか?
A2:消防法適用としてゲージバルブには緊急遮断用のボールチャッキ弁が内蔵されてます。
また、ガラス面に外的衝撃の保護として、保護プレートを取付けています。
ページ上部へ

その他のレベルゲージ製品を見る

ページ上部へ

お問い合わせ先

反射式液面計 に関するお問い合わせはこちらまで
■担当部署: 営業部プラントグループ
■問い合わせフォームをご利用の方はこちら  >> お問い合わせ
■お電話でもどうぞ  >> 本社 (03) 3252-0411(代) 大阪 (06) 6531-9411(代)
ページ上部へ