大同工機のプラント用レベルゲージ「溶接式ゲージ」の寸法表、材質表、用途・導入事例、資料ダウンロードなど
HOME
採用情報
お問い合わせ
サイトマップ
Global site
大同工機株式会社トップページ > レベルゲージ > 溶接式ゲージ

溶接式ゲージ(ヴェルドオンゲージ)

この型式は直接缶体に溶接する製品です。

下表の標準寸法の外に、ご指示で長可視形、広巾可視形のものも製作しております。

【溶接式液面計(縦長タイプ) G1】
溶接式液面計(縦長タイプ) G1
  • 容器(タンク)に直接取付ける長形タイブ(別名:ウエルドオンゲージ)
  • 縦長形状のモデルで液位を確認
  • 反射式(透明液用)、透視式(有色液用)ガラスに対応
  • 各種材質の製作可能
    ・炭素鋼(C.S) ・ステンレス鋼(SUS304、SUS316、SUS316L)
    ・接液部ステンレス(接液部:SUSカパー部C.S) ・その他
溶接式液面計(縦長タイプ) G1
【溶接式ゲージ(円形タイプ) G2】
溶接式ゲージ G2
  • 容器(タンク)に直接溶接取付ける円形タイプ(別名:ウエルドオンゲージ) 貯水槽、麗拌/反応タンク、タンク車など
  • 円形のモデルにより容器内部が見やすい
  • 各種のガラス材質、タンク内の曲面に合わせた本体加工等の対応可能
  • 各種材質の製作可能
    ・炭素鋼(C.S)
    ・ステンレス鋼(SUS304、SUS316、SUS316L)
    ・接液部ステンレス(接液部:SUS/カパー部C.S)
    ・その他

溶接式ゲージ G2
ページ上部へ

ワイパー

可視窓内にワイパーを付けてスチームまたは有色流体等の場合に使われます。

【ワイパー付溶接式ゲージ(中圧タイプ) G2−A】
・G2溶接形に左右2つのワイパーを取付たモデル
・不可視部が少なく、容器内部が良く見える
・動作軸をフランジ部分に設けた高圧対応タイプ
ワイパー付溶接式ゲージ(中圧タイプ) G2−A
【ワイパー付溶接式ゲージ(低圧タイプ) G2−B】
・G2溶接形の可視窓中心に回転式ワイパーを取付たモデル
・有色液に利用され、簡単動作で水垢、藻、水滴、雫、粉を除去
ワイパー付溶接式ゲージ(中圧タイプ) G2−B
【ワイパー付ウインドー(低圧タイプ) W】
・モデルG2-Bのワイパー付きガラス部分のタイプ
・既設円形ガラス式をワイパー付へ取替えて使用
・特別寸法品の製作も可能
ワイパー付ウインドー(低圧タイプ) W
ページ上部へ

材質表

使用条件により選択されますが、標準材質は下表によります。

溶接型ゲージ ステンレス鋼管製(304、304L、316、316L)
鋼材製(SS400、S25C)
ページ上部へ

主な用途・導入事例

化学工業、石油精製工業の急速な発展により、液体の物理的、化学的性質も複雑多岐を極め、温度、圧力、腐蝕性等過酷な使用条件に適合し、高度の耐久性のある製品を求められています。液面計はこれら塔槽設備の液面位の監視装置として欠くことのできない重要な機器であることから、またその良否はプラント全般の機能を左右するとまで言われております。

液面計の専門メーカーとして、”新鋭設備の導入”と”長年の経験”を結集してつくられた製品は、今後も貴社のプラントの性能向上と合理化に大いに役立たせて頂けることと確信しております。

何卒ご御用命の程よろしくお願い申し上げます。

ページ上部へ

資料・カタログの無料ダウンロード

溶接式ゲージ 製品説明資料
PDF ファイル(819KB)
(PDF ファイルをご覧いただくには、Adobe Reader が必要です。)
ページ上部へ

この製品に関するよくある質問

Q1:温度条件によるガラスの選定
A1:(1)硬質強化ガラス     :最大180℃
(2)パイレックス強化ガラス:最大260℃
※ガラスの熱衝撃値(急激な温度変化)は120℃で、
一般的には(1)〜(2)の種類のガラスを多く使用しています。
ただここで注意して欲しい点は、ガラスはアルカリ系水溶液には、不適性である為
この場合は内面テフロンコーティング又はマイカー(雲母)をセットした状態にて使用しています。
注意点
  1. ガラスは酸に強くアルカリに弱い性質があります。アルカリ系水溶液でご使用される場合は、内面テフロンコーティング又はマイカー(雲母)シートをセットして下さい。
  2. 蒸気又は高温ドレン等にご使用の場合は、マイカー(雲母)シートをセットするだけでガラスの摩耗を防止することができます。
ページ上部へ

その他のレベルゲージ製品を見る

ページ上部へ

お問い合わせ先

溶接式ゲージ に関するお問い合わせはこちらまで
■担当部署: 営業部プラントグループ
■問い合わせフォームをご利用の方はこちら  >> お問い合わせ
■お電話でもどうぞ  >> 本社 (03) 3252-0411(代) 大阪 (06) 6531-9411(代)
ページ上部へ