大同工機の「食品・医薬品製造ライン用サイトグラス」の寸法表、材質表、用途・導入事例、資料ダウンロードなど
HOME
採用情報
お問い合わせ
サイトマップ
Global site
大同工機株式会社トップページ > サイトグラス > 食品・医薬品製造ライン用サイトグラス

食品・医薬品製造ライン用サイトグラス

【S5Lタイプ】
S5Lタイプ 使用可能範囲
最高使用圧力 0.3MPa
最高使用温度 100℃
この条件を超える場合はご相談下さい。

オプション
ガラス保護プレート・保護スクリーン
S5Lタイプ
ページ上部へ
【CYLタイプ】
CYLタイプ使用可能範囲
最高使用圧力 0.98MPa
最高使用温度 100℃
この条件を超える場合はご相談下さい。

オプション
ガラス保護プレート・保護スクリーン
ガラス保護シート「セキュリティフィルム」
CYLタイプ
ページ上部へ

材質表

使用条件により選択されますが、標準材質は下表によります。

構造 材質
溶接構造 鋼管製(SGP、STPG370 他)
ステンレス鋼管製(304、304L、316、316L)
ライニング製(グラスライニング、ゴムライニング、各種テフロンコーティング)
ページ上部へ

主な用途・導入事例

  • 本体ステンレス・内面テフロンライニング
  • フェルール継手にテフロンライニング施工
  • 食品衛生法対応
  • ガスケット:テフロン系
  • 外面バフ加工
  • 禁油・禁水処理
ページ上部へ

資料・カタログの無料ダウンロード

食品・医薬品製造ライン用サイトグラス 製品説明資料
PDF ファイル(3,446KB)
(PDF ファイルをご覧いただくには、Adobe Reader が必要です。)
ページ上部へ

この製品に関するよくある質問

Q1:ガラスにはどのような種類があるでしょうか?
A1:ガラスの選定基準について
覗き窓を通して流体の流れを見るという目的から窓部に使用するガラスは、大切な役割を果たしています。
温度条件によるガラスの選定及びガラスの強度計算については下記の通りです。
温度条件によるガラスの選定
(1)パイレックス強化ガラス :最大260℃
(2)硬質強化ガラス     :最大180℃
(3)石英ガラス        :最大1000℃
※ガラスの熱衝撃値(急激な温度変化)は120℃で、
一般には(1)〜(2)の種類のガラスを多く使用しています。
ただここで注意して欲しい点は、ガラスはアルカリ系水溶液には、不適性である為
この場合は内面テフロンコーティング又はマイカー(雲母)をセットした状態にて使用しています。
注意点
  1. ガラスは酸に強くアルカリに弱い性質があります。アルカリ系水溶液でご使用される場合は、内面テフロンコーティング又はマイカー(雲母)シートをセットして下さい。
  2. 蒸気又は高温ドレン等にご使用の場合は、マイカー(雲母)シートをセットするだけでガラスの摩耗を防止することができます。
ページ上部へ

その他のサイトグラス製品を見る

ページ上部へ

お問い合わせ先

食品・医薬品製造ライン用サイトグラス に関するお問い合わせはこちらまで
■担当部署: 営業部プラントグループ
■問い合わせフォームをご利用の方はこちら  >> お問い合わせ
■お電話でもどうぞ  >> 本社 (03) 3252-0411(代) 大阪 (06) 6531-9411(代)
ページ上部へ