大同工機のサイトグラス用オプション製品の寸法表、材質表、用途・導入事例、資料ダウンロードなど
HOME
採用情報
お問い合わせ
サイトマップ
Global site
大同工機株式会社トップページ > サイトグラス > サイトグラスオプション

サイトグラスオプション

付属品

【保護カバー/プロテクター】

保護カバーは外的衝撃からガラス面を保護しますので、現場の危険防止に用いられます。プレート式(金属製、透明樹脂製)、金網式(スクリーン)のタイプがあります。ご使用される条件に合わせてご用命ください。

プロテクター
ページ上部へ
【フロート(ボール)】
フロート(ボール)

フロート(ボール)式サイトグラスに使用している球は樹脂製品を用いています。標準はアク リルですが流体性状などに合わせて下記の材質に変えることができます。
・アクリル  ・ポリプロピレン
・テフロン  ・ポリエチレン
・ナイロン(PA)

ページ上部へ
【ガラス目盛】
ガラス目盛

フラッパー(プレート)タイプのガラス面(片側、両側)に目盛りをつけることができます。
流量の目安、流体状況の監視が容易にできます。

標準 シール貼タイプ
  設計温度 80℃未満

ページ上部へ
【ガラス保護シート/コーティング】

 

ガラス保護シート/コーティング

ガラスの侵食防止,水アカ付着防止に左記のシートを用います。また、テフロンコーティング(透明)をすることもできます。

ご注意:アルカリ性の液体,蒸気の流体はガラスを侵食させます。 この場合ば必ず保護シートを取り付けますので、液性状をご連絡ください。

ページ上部へ
【セキュリティフィルム】
セキュリティフィルム

セキュリティフィルム貼付けガラスをご使用いただくことができます。

効果:ガラスの飛散、粉砕防止

ページ上部へ
【アクリルウインドウ】
アクリルウインドウ低温度域(0゜ 以下)の使用ではガラス面に霜や氷が付着し液を見ることが困難となります。 このような場合にガラス外面に取付けると内部を明瞭に見ることができます。 ご使用される保温材の厚みから最適な高さのものをお選びください。
ページ上部へ
【二重ガラス】
二重ガラスガラス窓を二重にした形状も、 製作しております。 危険度の高い流体や高圧ラインなどでのご使用に、一層の安全を得ることができます。
一般的なウィンドウ高さ寸法 (単位:mm)
H寸法
50 70 100
ウィンドウ高さは、 カバーフランジ面からの高さを示します。
ページ上部へ

材質表

使用条件により選択されますが、標準材質は下表によります。

材質
鋼材製(SS400、S25C)
ステンレス鋼管製(304、304L、316、316L)
ページ上部へ

主な用途・導入事例

貯槽、タワー、容器、大口径管等のウインドー(覗窓)は従来長期間の使用中に水垢を始め多くの付着物により内部を見る事が出来なくなる事があります。

ワイパー付ウインドーは適時のワイパーの作動で常時鮮明に内部を見る事が出来るのでご好評を頂いております。用途はスラリー、粉体、水、蒸気、油等、付着性のある液体や粉体にはより優れた効果があります。

なお、比較的圧力があるラインはG2-A型(最高0.98MPa迄)、圧力の低いラインにG2-B型ご使用をお奨めします。又、両型共製作構造上、可視窓径が100φ以上500φ迄を規格としております。ワイパー掻取り部の材質はテフロン、ネオプレンゴムを使用しております。

ページ上部へ

資料・カタログの無料ダウンロード

サイトグラスオプション 製品説明資料
PDF ファイル(483KB)
(PDF ファイルをご覧いただくには、Adobe Reader が必要です。)
ページ上部へ

この製品に関するよくある質問

Q1:ガラスにはどのような種類があるでしょうか?
A1:ガラスの選定基準について
覗き窓を通して流体の流れを見るという目的から窓部に使用するガラスは、大切な役割を果たしています。
温度条件によるガラスの選定及びガラスの強度計算については下記の通りです。
温度条件によるガラスの選定
(1)ソーダ石炭強化ガラス   :最大80℃
(2)パイレックス強化ガラス  :最大260℃
(3)石英ガラス          :最大1000℃
※ガラスの熱衝撃値(急激な温度変化)は120℃で、
一般には(1)〜(2)の種類のガラスを多く使用しています。
ただここで注意して欲しい点は、ガラスはアルカリ系水溶液には、不適性である為
この場合は内面テフロンコーティング又はマイカー(雲母)をセットした状態にて使用しています。
注意点
  1. ガラスは酸に強くアルカリに弱い性質があります。アルカリ系水溶液でご使用される場合は、内面テフロンコーティング又はマイカー(雲母)シートをセットして下さい。
  2. 蒸気又は高温ドレン等にご使用の場合は、マイカー(雲母)シートをセットするだけでガラスの摩耗を防止することができます。
Q2:消防法適用に対しては、どのようにしてますか?
A2:消防法適用としてプロテクターを取付、対応しております。
ページ上部へ

その他のサイトグラス製品を見る

ページ上部へ

お問い合わせ先

サイトグラスオプション に関するお問い合わせはこちらまで
■担当部署: 営業部プラントグループ
■問い合わせフォームをご利用の方はこちら  >> お問い合わせ
■お電話でもどうぞ  >> 本社 (03) 3252-0411(代) 大阪 (06) 6531-9411(代)
ページ上部へ